赤ちゃん用の日焼け止めの選び方

赤ちゃんの紫外線対策

ベビーマッサージの教室やレッスンでも話題になる「日焼け止め」
日焼け止めは大人用でもたくさんあって、どれを購入しようか夏が近くなると迷ってしまいますよね。特に赤ちゃん用の日焼け止めは何を使っていいのか、自分の日焼け止めを購入するより迷いますよね。
赤ちゃん用の日焼け止めのおすすめの使い方、選び方をご紹介いたします。

日焼け止めの「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」

日焼け止めのパッケージにもよく記載されている「紫外線吸収剤不使用」や「紫外線吸収剤フリー」
ほとんどが「紫外線吸収剤」と書かれていて、「紫外線散乱剤使用」とは記載されていません。
「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」はいずれも「紫外線防止剤」です。

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤とは、その名前からも想像できるように紫外線を吸収してから熱などのエネルギーに変えて跳ね返すような働きをします。

代表的な紫外線吸収剤は
 ・メトキシケイヒ酸オクチル 
  (あるいはメトキシケイヒ酸エチルヘキシル) 
 ・ジメチル PABA オクチル
 ・t- ブチルメトキシジベンゾイルメタン  等

日焼け止めが紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換する時の反応が皮膚に刺激になってしまうことがあります。
今の紫外線吸収剤は直接皮膚に刺激が伝わらないように、コーティングされているので、昔の紫外線吸収剤に比べると刺激が少なくなっているものもあります。

紫外線吸収剤のメリット・デメリット

【メリット】
 ・紫外線吸収剤は、伸びが良く、白くならないので、塗りやすい。
 ・ジェルタイプのものも多く、ウォータープルーフなど汗や水に強いものが多い。
 ・扱いやすいので、塗り直ししやすいなどの特徴があります。
【デメリット】
 ・お肌の弱い人は、刺激によるアレルギー反応を起こす可能性がある。
 ・汗、水に強い反面、専用クレンジングが必要だったり、洗浄剤を使用しないと落ちないことがある。

よくある紫外線吸収剤の含まれた日焼け止め(赤ちゃん・子供用)

紫外線散乱剤とは

紫外線散乱剤とは、皮膚表面で紫外線を反射し、散乱させる働きをします。

代表的な紫外線散乱剤は
 ・酸化亜鉛
 ・酸化チタン  等
(カタカナ名の紫外線吸収剤に比べて紫外線散乱剤は漢字名!)

紫外線散乱剤は、皮膚表面に塗ることで、紫外線が皮膚に届くのを防ぐことができるので、反応が少なく子供用や敏感肌用の日焼け止めに使われることが多いです。
※金属アレルギーの子は反応することがあるかもしれませんので、注意が必要です。お医者さんに相談してからご使用ください。

紫外線散乱剤のメリット・デメリット

【メリット】
・皮膚に対しての刺激が少なく、小さい子供やお肌の弱い人も使用できる。
・洗浄剤を使わなくてもお湯などで洗い流ししやすい。
・パウダータイプなどもあるので、用途に合わせて使い分けしやすい。
【デメリット】
・紫外線散乱剤は、白くなりやすい。
・比較的塗りやすい乳液タイプもあるが、分離しやすいので、しっかり混ぜて使用すること。
・汗や水分に弱く、こまめな塗り直しが必要。

お肌の弱い子も使える紫外線吸収剤不使用の日焼け止め
(赤ちゃん・子供用)

日焼け止めの選び方

日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤というものがあるので、お肌に合わせ選ぶことがとても大事です。

赤ちゃん用として選ぶポイント
・生後すぐから使えるもの
・お湯で洗い流せるもの
・セラミドなどの保湿成分が入ってるもの
・SPFは20〜30の刺激の強くないもの

また、使用してみて合わない場合は、即使用を中止し、肌トラブルが生じた場合は、早めに病院を受診し、炎症を抑えましょう。

赤ちゃんは、ヒリヒリする感じなどは上手に伝えられないので、まずママが使用してみて使用感を体感してみるのもオススメです。

6ヶ月未満の赤ちゃんやお肌の弱い赤ちゃんは日焼け止め以外の紫外線対策は必須です!

日焼け止め以外の紫外線対策の記事はこちら→楽しくスキンケア